書店と薬局

徒歩圏内に大型書店が3軒あったが、そのうちの紀伊国屋書店が閉店し無印良品の店舗になった。日曜日にシャツを買った。本は買えなかった。残るはくまざわ書店と有隣堂だ。

書店が厳しい商売なのはよくわかる。できるだけアマゾンで買わないで散歩がてら書店を利用しようと思うが、早稲田、神田界隈ではなければ欲しい本は書店に置いてない。近く大学が2軒誘致されるので品ぞろえに期待したい。

書店の楽しみは書棚を眺め立ち読みすることで、どの書店も書棚の作り方に工夫を凝らして客を楽しませてくれる。

本屋ならもう一軒ある。ブックオフだが、これを書店とは呼びたくない。近ごろは古着、家電など本以外の商品が増え本屋とさえ言えない店内である。

この違いは薬局とドラッグストアに似ているなあ、と思いながら私の薬局の商品陳列も工夫したい。

関連記事

  1. 電子お薬手帳の真実/平和安全法制について考える

  2. 水俣病と薬害/公益社団法人

  3. 地域包括ケア 医薬品の合理的な供給・管理

  4. ニセ薬と刑罰

  5. 支援物資の仕分け/不足する医薬品

  6. 臨床判断/原薬が抱える「チャイナ・リスク」

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP