令和2年度横浜市医療安全研修会(医療従事者向け)/日本の薬学、薬剤師、薬局、イヤクブンギョウ

旧HPのBLOGを再掲載しています

令和2年度横浜市医療安全研修会(医療従事者向け)

せっかく作ったので皆さんに見て頂きたいと思います。
調剤過誤防止のハナシではありません。医療全体を見たときに薬剤師や薬局制度が医療安全のための制度であることが分かると思います。
リンクはこちらから
    ⇓
令和2年度横浜市医療安全研修会(医療従事者向け)

日本の薬学、薬剤師、薬局、イヤクブンギョウ

西洋の近代化と日本の薬学、なんて話を学生にしたところです。

西洋が西洋史の矛盾に気がつき、いよいよ虚無を抱きはじめたとき、日本は近代化をむかえて西洋の表面的模倣に走ることになった。長井長義らがドイツにわたり大至急有機化学を学び、日本に持ち帰るが当時の西洋が育んだ哲学までは持ち帰れなかった。

西洋は自身の矛盾に気がついて、やっと階級意識(マルクス)を、ルサンチマン(ニーチェ)を、そしてリビドー(フロイト)を、人間の歴史の奥に発見しようとしていた。が、日本はそんなことにはおかまいなしに、近代化を突っ走り、無謀な戦争に走った。
これではろくな日本はつくれない。表層だけが西洋になるばかりで彼らの苦悩とは無縁のままの西洋主義になる。

それが日本の薬学、薬剤師、薬局、イヤクブンギョウ

日の出薬局 薬剤師 高橋洋一

関連記事

  1. 医薬分業政策の成功、薬局制度の失敗/ノバルティスファーマのデ…

  2. それを証明した震災と原発事故/医療チームの外で

  3. NOGEYAMA 2021 5月号記事再掲載

  4. 外科病棟には抗生物質に独特の臭気が満ちている/薬剤師による教…

  5. プロフェッショナル・オートノミーの潜在的な侵害/正月飾り

  6. 日本社会薬学会/三菱地所をみにいこう

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP