医師からの依頼によって?

全国的に、ゾコーバ錠の薬局への配置が進められています。
併用禁忌薬の存在や承認経緯、限定的な処方機関数など、
条件が厳しいのはわかりますが、これは違うだろうという条件があります。

神奈川県 新型コロナウイルス感染症の経口抗ウイルス薬(飲み薬)について より

8番の(医師から登録を依頼されていること)です。
医薬分業、地域包括ケアの概念が体面的にでも頭にあれば、
「医師からの依頼がなければ薬剤を配置することができない」
と受け取れる表現は入らないと思います。
数に限りがあるので、出鱈目に申請されても、という気持ちはわかりますが、
もう少し表現の仕方があったのではないでしょうか。

こと現在に至っても、「薬剤師の独立」とは程遠い状態を端的に示す一例です。

関連記事

  1. 医薬分業政策の成功、薬局制度の失敗/ノバルティスファーマのデ…

  2. キーフォーバー・ハリス修正法から50年/医薬品のインターネッ…

  3. サプリメントは慎重に/利益相反と薬剤師

  4. 地域包括ケア 医薬品の合理的な供給・管理

  5. NOGEYAMA 2021 5月号記事再掲載

  6. NOGEYAMA 2021 7月号記事再掲載

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP